予防医療

予防医療

ペットたちは、人間の言葉を話すことができません。そのため、病気の発見はどうしても遅れがちになってしまいます。
家族の一員であるペットたちがずっと健康に暮らすためには、病気の予防が最重要です。

混合ワクチン

ワクチン接種は死亡率が高かったり、感染力の強い感染症からペットを守るために行うものです。
当院では、地域の感染リスク度とペットの年齢・飼育環境に合わせてワクチンをお選び頂けます。

●ワンちゃん
◎6種混合ワクチン(犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス2型・犬パラインフルエンザウイルス・犬パルボウイルス・犬コロナウイルス感染症)
◎8種混合ワクチン(6種 + 犬レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー型・カニコーラ型))

●ネコちゃん
◎3種混合ワクチン(猫カリシウイルス感染症・猫ウイルス性鼻気管炎・猫汎白血球減少症)
◎4種混合ワクチン(3種 + 猫白血病ウイルス感染症) ※1
◎猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)ワクチン ※2

※1)4種混合ワクチンは、接種前に猫白血病ウイルス感染の有無の血液検査が必要となります。
※2 )猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)ワクチンは、接種前に猫免疫不全ウイルス感染の有無の血液検査が必要となります。

当院では子犬・子猫のワクチン接種時に消化管内寄生虫の有無の確認のため、便検査をお勧めしています。 ご来院の際、なるべく新しい便を持参ください。

<ワクチン接種は午前中に!>

ワクチンは予約なしで接種できます。ワクチン接種後、ごく稀に具合の悪くなる子がいます。
接種当日は様子を見ていただきやすいように、午前中に来院してください。

狂犬病ワクチン

狂犬病は、人や犬、猫をはじめとした全ての哺乳動物がかかる人獣共通感染症です。発病すると、人も動物もほぼ100%死亡し有効な治療法がない怖い病気です。
年1回の狂犬病ワクチンを忘れずに接種しましょう。
<狂犬病予防注射済票の受取手続き代行について>

愛犬・飼い主様の所在が相模原市の方は、当院にて狂犬病予防接種後、済票の受取手続きを代行し、後日飼い主様へ郵送しております。
手続き代行期間は、3月2日から6月30日です。来院時には、相模原市からのハガキをご持参ください。

<ワクチン接種は午前中に!>

ワクチンは予約なしで接種できます。ワクチン接種後、ごく稀に具合の悪くなる子がいます。
接種当日は様子を見ていただきやすいように、午前中に来院してください。

フィラリア症予防

フィラリア症(犬糸状虫症)は、蚊の吸血により犬や猫の体内に入り込み、血管を通って心臓に寄生する、最も恐ろしい寄生虫感染症のひとつです。フィラリア症になってしまうと、血液の流れが妨げられ、心不全になって死に至る場合もあります。月1回の予防薬でしっかりと予防しましょう。
当院のフィラリア症予防薬は、ワンちゃんはチュアブルタイプ(お肉の味のついたもの)、ネコちゃんはスポットタイプ(首筋に薬剤をたらすもの)となります。
フィラリア症予防期間は5月から12月です。

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニは犬や猫への恐ろしい病気の媒介者です。叉、近年マダニがペットだけでなく人にも死に至る恐ろしい病気(重症熱性血小板減少症候群)をもたらす可能性があり、注意が呼びかけられています。月1回の予防薬でしっかりと予防しましょう。
当院のノミ・マダニ予防薬は、ワンちゃんは、チュアブルタイプ(お肉の味のついたもの)又は、スポットタイプ(首筋に薬剤をたらすもの)、ネコちゃんは、スポットタイプになります。
ワンちゃんは月1回の投薬でフィラリア予防とノミ・マダニ駆除が同時にできるオールインワン・チュアブルタイプ(お肉の味のついたもの)のお薬も処方できます。

避妊・去勢手術

避妊・去勢手術の最大のメリットは、生殖器の病気(オスは精巣ガン、前立腺疾患、メスは卵巣・子宮疾患、乳腺ガン)が予防できることです。
当院では、ペットの痛みに対する思いやりケアを積極的に取り組んでおり、先制鎮痛法により痛みをブロックしてから避妊・去勢手術を実施いたします。避妊・去勢手術には、事前に診察・手術前検査を受けていただきます。診察・検査後に手術日をご予約ください。
<当院は『相模原市猫不妊去勢手術助成事業』指定病院です>

制度を利用される方は、必ず避妊去勢手術を行う前に申請してください。
詳しい申請方法は相模原市生活衛生課(TEL.042-769-8347)へご相談ください。